1. HOME
  2. ブログ
  3. エリア
  4. 横須賀市
  5. 個人

BEACH CLEAN REPORT

清掃ボランティアの体験レポート

横須賀市

個人

夏の最終日ともいえる8月31日、横須賀市・走水海岸にて清掃を行いました。

天候は晴れ。1人での初参加です。

海岸清掃自体、初めてのため

・どんな種類のゴミがあるのか
・量はどれほどあるのか
・1人でも問題なく清掃できるのか
・持っていったほうが便利な道具はあるのか
・服装やクツはどういったものがいいのか

など、分からないことも多く、現地に着くまで多少の不安もありました。

ただ実際は、現地に着いた途端、入り口付近にバーベキューの後と見られるゴミが散乱しており、ある意味、何も考えず、自然と片づけが始まりました。

そこから、作業すること約1時間半。
事前に送っていただいたゴミ袋6枚がパンパンになり、作業終了。

基本的に、心配していた点は杞憂に終わり、何か立ち止まって考えることもなく、清掃を終えました。

一応、心配していたことのアンサーとして、

★ゴミの種類

ゴミの種類としては、ビニールやプラスチックのものが多かったです。
意外とビーチに目立つ形で落ちているゴミは少なく、砂に埋まっていたり、端や奥のゴミだまりに残っていたり。

また、ビールのビンと缶。水などのペットボトルなども。
ペットボトルは、中に飲み物が中途半端に残っているものも多く、捨てる作業にひと手間かかります。

割り箸と竹串も多く、そのまま袋に入れると突き破ってしまうので、一度折ったりする手間がかかりました。
木だから自然物ということで、ポイ捨てするハードルも低いのか、とてもよく見かけました。

★量

量としては、今回に限っていえばゴミ袋6枚で、ちょうどよかったです。
意外とゴミ袋が小さいタイプのものだったので、最初はこれで足りるかなとも思いましたが、心配無用でした。

スポット的に、バーベキューや花火などイベント性のゴミが残されているとかなければ、目立つゴミはそこまで多くなく、日頃からこまめに清掃されているおかげか、きれいに保たれている印象を受けました。

★1人でもやれるか

1人でも大丈夫なのか、と心配しましたが、全然大丈夫でした。

ただ、複数人いたほうが、やりやすいとも思いました。
1人だと、ゴミ袋は基本的に1枚を持ち歩くので、仮に可燃ごみを集めているときに、缶やビンを見つけた場合不燃ごみ用に分けていた袋を再度持ってきて改修しなくてはいなけなかったりして少し面倒でしたので。
2人いれば、可燃と不燃で分けて改修できて効率的な気がしました。

(あくまでも、初心者のである私の今回のケースであり、もっとこうしたら1人でも効率的にやれるというやり方はきっとあると思います)

あとは単純に、処理能力が倍となるので、短い時間でキレイにしたり、量を片づけたりできます。
また、このゴミはどうしようといった相談ができるのでいいと思います。

★持っていったほうが便利な道具

事前に無償でいただいたゴミ袋と手袋で最低限事足ります。

ただ、作業中に気づいたのですが、軍手は表面に滑り止めがついていないため、ゴミ袋の口を縛る際などは滑って、少し使いづらい場面もあります。

また、濡れるとすぐに染みるので、本格的に作業したい場合は、100均などでゴム製の手袋を買っていくといいかもしれません。

あと、トングは自身で用意して持っていって正解でした。

美化財団から借りることも可能でしたが、今後も清掃の機会があるかもしれないので、100円ショップで買いました。
結局のところ、手のほうが早い場面も多かったのですが、少し奥にあるゴミや、濡れている・汚れているゴミも多いので、そういったものは直接触らずにすむ、トングがあると便利でした。

あと、砂浜に下半分が埋まっているようなゴミも多かったので、スコップがあれば完璧に取り除けるのにと、感じました。

後は単純に、日光対策として、日焼け止めと帽子、熱中症予防のため飲み物は用意しておくといいと思います。
走水海岸では、駐車場に自動販売機もありました。

★服装

当日は動きやすいTシャツに、パンツ、砂が入らないスニーカーという格好で問題なく作業を行いました。

しかし、翌日になって気づいたのですが、夏で日差しが強かったため、むき出しだった腕と首が日焼けでヒリヒリします。
そのため、次回参加する際は、長そでで汚れてもいい白のロンT、首に巻くタオルを用意したいと思います。

以上が参加の感想となります。

この度、活動に参加させていただいた理由としては、

・海岸ゴミ
・バーベキューなどのゴミやマナー問題
・海洋プラスチック問題

などを最近よく耳にする機会が増え、実際にどうなのか、参加して考えたいと思ったからです。

それに加え、コロナ禍のため、できれば複数人ではなく、1人でできる活動を探しており、さらに、とても有難いことに、いつ、何時でも、好きな場所で、自分のペースで清掃してよく、ゴミ袋や手袋といった必要なアイテムも自宅ポストに郵送していただけるということも後押ししました。

実際に参加し、ビニールのゴミは多く、ボロボロになっていくと回収も困難になることが分かりました。
また、ポイ捨てする人も多く、どうすればそういった人、ゴミを減らせるのか色々と考えるきっかけとなりました。

清掃帰り、馬堀海岸駅に向かう途中にある横須賀温泉「湯楽の里」でかいた汗を流しました。
清掃後のお風呂は、とても気持ち良いものです。
露天風呂からはきれいな海が、まさに一望できます。

きれいな海は見ているだけで、絵になり、飽きません。
みんなの海なので、みんなで守っていければと思います。

この度は、気軽に誰でも参加できるこちらのプログラムで、とても有意義な時間・体験をさせていただきました。

  • 団体名:個人
  • 実施日:2021/08/31
  • 参加人数:1
  • 清掃海岸:横須賀市走水海岸