1. HOME
  2. お知らせ
  3. コロナウイルスによるマスクのごみ増加について

NEWS

お知らせ

海ごみの現場から

コロナウイルスによるマスクのごみ増加について

コロナ禍の中、「マスクが大量に海岸に漂着していませんか?」とよくお問い合わせをいただきます。
ハナシを聞いてると、海岸を覆うくらいのマスク!!のような、いわゆる『コロナごみ』が増加中!という少々センセーショナルな答えを期待しているのを感じますが、残念ながら(?)そのようなケースはありません。

私たちは、150キロの海岸を毎日見て回って清掃していますが、マスクが集中的に落ちているといった特異な状況を一つも確認できませんでした。街中にぽつぽつと落ちているのを見かけますが、あれと一緒くらいです。
マスクはこれまで冬のごみでしたので、それが夏にぽつりと落ちていることは珍しいといえば珍しいことなのかもしれませんが、その程度です。
これだけ市中にマスクが出回っていれば、海岸にもごみとして少しは流れ着くという当たり前の現実しかありません。

最新記事