1. HOME
  2. 事業案内
  3. 美化啓発事業
  4. 美化啓発事業 概要

美化啓発事業

教える・伝える

美化啓発事業

美化啓発事業 概要

美化啓発の拠点として、海岸ごみについて「伝える・教える」取組みを実施しています。子ども向けには環境出前授業「学校キャラバン」を実施、大人に対しては各種研修を受け入れ、日本で唯一の海岸美化専門の団体ならではの現場からの生の情報、今、実際の海で起きていること、海岸ごみの現状を伝えています。また、春と秋には県下一斉のビーチクリーンアップを実施したり、イベントでワークショップを開催しています。さらに、河川上流部の各種団体と強調し、河川からの流入ごみ対策に取り組むなど、幅広い啓発活動を展開しています。

2019年度実績
内容 参加人数
学校キャラバン 3,693人
企業研修の受け入れ 2,295人
県下一斉のビーチクリーンアップ(春) 12,732人
県下一斉のビーチクリーンアップ(秋) 1,707人
学生の職業体験等の受入れ 5名
講演等の実施 720名
ワークショップの実施 930名
学校キャラバン

平成14年度に小学校・中学校、平成15年度に高等学校に導入された「総合的な学習の時間(総合学習)」にあわせて、財団では、学校や海岸などで海岸ごみについての講義を行う「学校キャラバン」を始めました。日々、海岸ごみに接している職員ならではの説得力のある講義と実習を実施しています。

企業研修の受入れ

 

企業の研修や環境貢献活動など、講義と清掃の組み合わせを各企業に合わせて最適な形にアレンジし、受け入れを行っています。

県下一斉のビーチクリーンアップの開催

県、市町、ボランティア団体、企業等の協力を得て、春は「ビーチクリーンアップかながわ」、秋は「国際海岸クリーンアップ」という県下一斉のビーチクリーンアップキャンペーンを開催しています。

学生の職業体験等の受入れ

大学生や中学生等の職業体験(インターンシップ)の受入れを行っています。それぞれの対象に合わせた体験レベル、期間等を提供しています。

講演等の実施

海岸ごみの現場からのレポートとして、豊富なビジュアルを使って、今、海で起きていること、海岸のごみの現状を分かりやすく解説しています。

ワークショップの開催

ビーチグラス等を使った写真立てやペンダント作り、マイクロプラスチックを使った万華鏡作りなどのワークショップも開催しています。

パネル展示

企業やボランティア団体、行政からの要請を受け、環境展やビーチクリーンアップ等の際にパネル等を展示し、海岸美化を呼びかけています。

山・河川美化活動団体との連携

 

山・河川の美化活動に取り組んでいる団体と連携し、講演やワークショップ、クリーンキャンペーン等を実施し、山・河川清掃活動と一体となって美化活動の推進を図っています。

連携先

桂川・相模川流域協議会
酒匂川水系保全協議会
相模原市立環境情報センター
神奈川県自然環境保全センター